早漏を治す方法として一番効果的なのが、世界初でもある服用タイプのプリリジーがいいです。この薬を服用することで射精時間が3倍にも長くなります。また、プリリジーの薬価が高いと思う方にはジェネリックであるポゼットもあるので、どちらか好きな方を選ばれると良いでしょう。

元気にした男性
  • ホーム
  • 中折れで早漏になってしまうタイプ

中折れで早漏になってしまうタイプ

薬

早漏は多くの男性が実際に悩んでいる性的な問題の一つです。
デリケートな問題なのでなかなか人に相談できずに一人で悩みを抱え込み、なかなか改善できずに余計に悪化する事が多いので本人が思っている以上に深刻です。

早漏の原因には色々とあります。
単に性的刺激に慣れていないことが原因であればセックスの経験を積み重ねることによって過剰な性的興奮は抑えられます。
このタイプの早漏はあまり気にしない方が良いでしょう。

早漏になる人の中には性行為中に中折れを起こし、射精が早くなるタイプの人も居ます。
このタイプの早漏は出来るだけ早めに改善しておいた方が良いです。
早めに改善しておいた方が良い理由の一つとして、女性側の受け止め方が挙げられます。
中折れというのは一般的には様々な原因によって性的興奮状態が収まり、男性器部分に血液が流れなくなることによって引き起こされます。
女性側はそういったイメージで中折れを捉えているので、中折れを起こしたという事はイコール自分自身に魅力が無いと受け止め、とても大きなショックを受けることになります。

ですから中折れになる状態を放置しておいてはいけません。
笑って受け止めてくれる女性であればまだ良いのですが、辛辣な態度を女性側に取られると男性側も大きなショックを受け、セックスに対し手大きなプレッシャーを感じるようになります。
するとプレッシャーによってセックスの時に性的興奮が出来なくなり、心因性のEDに症状が悪化する恐れもあります。

このように、中折れによる早漏は放置せずに早めに改善する必要があります。
中折れになる原因は色々とあるので、原因を知ることが改善の近道になります。
中折れになる原因の一つに男性ホルモンの減少があります。
中折れは特に40代以上の中高年に多くなりますが、ほとんどは男性ホルモンが減少していることによるものです。
このタイプの中折れの原因に有効なのが病院で処方される治療薬です。
治療薬によって一時的に男性ホルモンの量を増やし中折れを防ぐことが出来ます。

頻繁に中折れになっていると動脈硬化のサインかも

そもそも、どうして中折れ、つまり半立ち状態だと早漏になるのでしょうか。
どちらかといえば完全に勃起して射精準備状態が完全に整っているときの方が早く射精しやすいイメージがあります。

実は射精準備状態が整っているときは言うまでもないのですが、半立ち状態の時でも男性器は刺激に弱いため、射精しやすくなるのです。
一方、完全に勃起した男性器は硬くなっているのである程度に刺激に耐えることが出来る為、半立ち状態よりも持続力はあります。

話を中折れの原因に戻しますが、ある程度中高年になってからの中折れの場合はある症状が潜んでいる可能性もあります。
ある症状とは動脈硬化です。
どうして中折れが動脈硬化のサインになるのかというと、勃起することと血液は切っても切れない関係だからです。
男性器が勃起するためにはたくさんお血液が必要です。
性的興奮を感じると脳内から海綿体と呼ばれる部分にたくさん血液を流すよう指示が出て、海綿体に沢山血液が流れることにより男性器は勃起します。
しかし動脈硬化を起こすと血管の中の血液が流れる通り道が狭くなるため、流れる血液の量が少なくなります。
すると同じような性的興奮を得ても普通の人と比べると勃起するまでに時間がかかったり、勃起しても流れる血液の量が少ないため、勃起が維持できずに中折れを引き起こしたりします。

動脈硬化は様々な生活習慣病を引き起こす起爆剤になるため、放置して良いものではありません。
中折れを改善するためにも、健康な身体を維持するためにも悪化する前に早めに改善するようにしましょう。
動脈硬化を改善するためには特に食生活に気をつける必要があります。
改善するため積極的に摂取しておいてほしい食材が野菜と魚です。
野菜は様々な野菜を食べてバランスよく栄養を摂取することで血液の流れを改善してくれます。
魚の中でも特に青魚にはオメガ3系脂肪酸がたくさん含まれていて、血液の流れをスムーズにする効果が期待できます。

サイト内検索
人気記事一覧