早漏を治す方法として一番効果的なのが、世界初でもある服用タイプのプリリジーがいいです。この薬を服用することで射精時間が3倍にも長くなります。また、プリリジーの薬価が高いと思う方にはジェネリックであるポゼットもあるので、どちらか好きな方を選ばれると良いでしょう。

元気にした男性
News
笑顔で元気な男の人

射精の時間が早いだけでなく、勃起して射精にいたる時間をコントロールできずにいるという症状を含めて、早漏と言います。
気になれば気になるほど早漏はひどくなる一方です。
それよりも薬を使っての治療を考えてみましょう。
プリリジーは世界初の飲む治療薬です。
他にも治す方法はさまざまありますが、カウンセリングなどで精神面をコントロールするよりも効果が確実ですし、塗るタイプよりも量が調節でき使いやすいというメリットがあります。
服用することで射精時間が3倍長くなるとも言われています。
効果時間は6時間程度続きます。
早漏症を根治するわけではないものの、服用することで自信がつけば、良い方向に向かうはずです。

プリリジーは、短時間作用方SSRIという薬です。
主成分はダポキセチンです。
SSRIというのはセロトニン再取り込み阻害薬のことで、神経伝達物質のセロトニンの量を増やすことができるのです。
セロトニンが不足して交感神経が強く働くことが早漏につながると言われています。
そのため、服用することで改善効果があるというわけです。

プリリジーは性行為の1時間前くらいに服用してください。
30mg錠・60mg錠とあり、まずは30mg錠から試してみましょう。
SSRIに分類される薬としてパキシルやジェイゾロフトといった抗うつ薬でも有名なものもあるのです。
これらは性行為の5時間以上前に服用しなければならず、しかも有効率はたったの1割程度、やはりプリリジーに勝るものはありません。

ただし、1割程度ですがプリリジー服用によりめまいや吐き気・下痢・頭痛といった副作用が出てくることもあります。
現在患っている病気によっては服用が禁止されているようなものもあります。
効果は高い一方で危険性もあるため注意して使用しましょう。
世界各国で使われているものの、日本では未承認のため手に入れるためには個人輸入代行業者を通じて海外から輸入する必要があります。

プリリジーはSSRIに分類される抗うつ薬の一種?

プリリジーはSSRIに分類される抗うつ薬の一種です。
SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれている抗うつ薬の一種で交感神経などを改善したりする抗うつ病薬ですが、早漏治療にも効果があるとされています。
プリリジーを性行為の前に飲んだからといってすぐに症状が改善されるわけではありませんが、飲み続けることによって効果を実感することができるでしょう。

そもそもSSRIはうつ病の薬で早漏に対しては残念ながら即効性はありません。
SSRIはクリニックに行くと処方してもらえますが、日本では早漏治療薬としてまだ認められていないので保険適用にならないでしょう。
SSRIの早漏治療効果はまだ認知度が低くいですが、海外では広く知られています。
アメリカでは早漏治療にSSRIを推薦していたり、ヨーロッパではプリリジーは世界初の早漏治療薬として提供されている人気の薬です。
経口摂取タイプの治療薬で、水やぬるま湯で飲むだけで射精時間の延長を期待することができます。
ヨーロッパでは早漏症治療薬として認可されていて、ダポキセチンはプリリジーの主成分になっています。

ダポキセチンはSSRIのカテゴリーにあり内服治療している人の中で射精時間が延長したという意見があり、遅漏などの意見が多かったことから早漏改善に効果があると分かりました。
正式に早漏予防薬のために開発され、服用前に比べると3倍~4倍ぐらい射精時間が延びたという報告もあります。
早漏を治す方法において世界中で人気があり、効果時間も長いので幅広い世代の人が利用しています。
インターネットには個人輸入代行サイトがたくさんあるので、比較検討するとコストを抑えて購入することが可能です。